スポンサーリンク

純ジャパ高校生でもTOEIC700点を取得する

いつもの投稿と毛色が変わりますが、絶賛手探り状態のため、英語学習について書いてみます。
結論から言うと、学校の学習+自習で700点は取れます。
高校生のスコア平均点は490点前後と聞きますが、私は純ジャパで高校3年生の夏前には730点くらいのスコアがありました。
特段すごい訳ではないのですが、AO入試には十分有利に働いたかと思います。
(国際系で、周り半分くらい帰国子女の大学にAOで入学しました。普通に800点以上叩き出してくる高校生ばかりで、実際他の部分で評価されたのだとは思いますが…。)

今回は、TOEIC700点がどの程度の物か、どんな対策をすれば良いか書いていきます。
大学にAO、推薦で入学しようとしている方のご参考になれば幸いです。

TOEIC700点で一体何ができるのか

TOEIC700点を取ると、ブリジストンや伊藤忠商事、GU・ユニクロを傘下に持つファーストリテイリング辺りの新卒入社の基準をクリアすることが出来ます。
ただ外資系の企業ですと、700点台は持っていて当たり前くらいのスコアになります。
そういった観点からも、大人でも700点を一つの目標スコアにしている方は多いです。

きっと高校生の段階でTOEICを取得し、大学に進学しようと考えている方は英語が得意な方だと思うので、大学時点では800以上のスコアを狙っていくことになると思います。

では高校生の平均スコアはどのくらいかというと、490点前後と言われています。
上で書いたように、比較的英語が得意な高校生が受験していると思うので、高校生全体で見たらもっと低いのではないでしょうか。

となると、大学のAO入試や推薦時の自己アピールにはある程度使える点数かと思います。
(ご希望の大学のレベルにもよるので、ここはご自分でよく調べてください。)

どんな対策をすれば良いか?

3軸で攻めていきましょう。

まず、試験中に寝ない

いや、寝る訳ないだろうと思いましたよね。
結構眠たくなります。
実際、私は初回のテストで居眠りをしてしまい、半分解けませんでした。大馬鹿野郎です。
TOEIC L&Rはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計約2時間で200問を解きます。
高校だと45分もリスニングする事ってあまり無いと思うので、慣れが必要になって来ます。
通常の試験よりも集中力が必要なので、前日はよく睡眠をとり、本番に備えましょう。

スピードに慣れる

まずはスピードに慣れましょう。
制限時間以内に問題を解ききれるか、リスニングのスピードに追いつけるか、かなり重要になってきます。
もう一度お伝えしますが、TOEICはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計約2時間で200問を解く必要があり、センター試験や学校のテストとは訳が違います。
45分間のリスニングに慣れるため、いつも音楽を聴いている時間をリスニングに切り替えるくらいにはひたすら英語を聞いておいた方が良いです。

マーク式なので、取りあえず解ききれなかった物は適当にマークするとして、どこまで確信をもって正解を導けるかがスコアに響きます。

リスニングは、入試用のリスニング教材を聞いていても意味が無いです。
入試用の教材を聞くとしたら、東大向けくらいのスピードがオススメです。
もちろんTOEIC用の問題集は必読ですが、高校生の時はコレを使っていました。
聞く→音読→聞くの繰り返しで、リスニング能力は向上します。
別の記事で詳しく書きますが、簡単にいうと自分が発音できるスピード以上の言語を認識するのはかなり難しいです。
音の区切れ、発音記号を意識しながら音読することがリスニング向上の近道です。
また、日本語と英語でヘルツ数が異なるため、英語は脳によって自動的に雑音と認識されてしまう…
とよく聞きますが、これも一理あります。
だからこそ、たくさん聞いて、たくさん音読する二軸でリスニング力を鍛えていくことをオススメします。

ではリーディングはどうするか。
リーディングは、以下のパートに分かれます。
Part5 (短文穴埋め問題)、Part6 (長文穴埋め問題)、Part7 (長文読解問題)

空白の前後の文脈から判断できる問題と、全文読まないとわからない問題があるので、
後者は飛ばしていきましょう。最後に時間が余ったら、解きます。

前後の文脈から判断できる問題の対策において、高校生にオススメなのはこちらの一冊。
文法メインなので基礎英語力アップにも繋がりますし、解説も丁寧で、学校の学習のプラスアルファに非常に良いです。
まずは550点を目指すパート、次に730点と知識を積み上げていく形式なので、効率良い感じがします。
一問一答式なので、通学時間にサクッと対策できるのも嬉しいですね。

大人だったら他にも単語やフレーズも覚えて欲しいところですが、TOEICはビジネス用の語彙が頻出するため、わざわざそちらに注力するよりは受験勉強をした方が良いです。
新しくビジネス用のボキャブラリーを詰め込むよりは、受験用の単語集を完璧にするだけでもある程度の点数には届きます。
文法は長文読解や穴埋め問題にも役に立つので、オススメさせていただきました。

ちなみに、もしボキャブラリー対策もしたいなら、こちらがオススメです。


少しずつスピードに慣れてきたら、本番想定で試験問題を1~2回解いてみましょう。
雰囲気がつかめると思います。
そこでダメだったからといって無理をせず、何でつまづいたか、自分に何が足りないか分析してみましょう。
それは、実際の入試テストにも活かされるはずです。

スピードに慣れてきたら…?

スピードに慣れてきたら、本来の受験勉強に戻りましょう。
学校にもよりますが、確かにAO入試や推薦入試でTOEICは有利になります。
得点が高ければなおさら。

ただし、本来の目的は自分の第一志望の大学に入学することだと思います。
TOEICに全集中するのではなく、滑り止めの意味も兼ねて、受験勉強をメイン+アルファでTOEIC対策くらいにするのがベターです。
受験勉強を地道にやることが、TOEICの点数にも繋がります。

何事も基礎が一番大切。
受験で出てくる文法・単語・熟語は基礎的なものが多いので、そこがしっかり出来ていれば、大学生になって専門知識を積み重ねても無理なく対応できると思います。
高校生の今だからこそできる勉強法で、一番の強みです。自信を持ってくださいね。
少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました