スポンサーリンク

美しく儚い時間に浸る ロマンス洋画なら「ビフォア・サンライズ」

映画

ステイホームの日々、なんだか毎日が同じように感じられる。


たまには夢の中にいるような、美しくて儚い時間を過ごしたい…


あの時、あの人と一緒になる道を選んでいたらどうなっていたか…と思う日ありませんか?


そんな日にオススメな映画が「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」です。

あらすじ

フランスの大学生セリーヌ(ジュリー・テルピー)は、ユーロートレイン車内でのドイツ人夫婦の喧嘩を見て気まずくなり、座席を移動する。通路を挟んだ隣にはアメリカの青年ジェシー(イーサン・ホーク)が。

どこかお互いが気になって、ジェシーはセリーヌを食堂席へ誘う。

話し始めるうちに、心が通い合うのを感じる。

話し足りないジェシーは、自分がアメリカに帰国する明日の朝までウィーンで一緒に過ごさないかと提案。

途中下車した2人はお互いの生い立ちや価値観、死生観を語り合ううちに心が揺れ動いていくが、別れの夜明けは刻一刻と近づいてくる…。

夢のようなウィーンの街並みと現実的かつロマンティックな2人

ウィーンで途中下車をしてから2人の会話だけで進行していく本作。


ストーリ展開がある訳ではないので、夜明けまでの2人を覗き見しているような映画です。

作中でジェシーが夢の中にいるようだと言うように、本当に昼時から夕暮れ、夜、夜中と街並みが美しく、それを眺めているだけでもどこか遠い場所へやってきた感覚になります。


この美しい街並みとは対照的に、繰り広げられる2人の会話は非常に哲学的で知的。現実と夢の間を彷徨っているような印象です。

おばあさんが亡くなった話や死を恐れている話、その後も墓地へ行ったり…と死を身近に感じつつも「何か」と闘いながら自分を探し、必死に生きようとしている若者たちはどこか儚くて似ていて、いつの間にか私も2人の世界に引き込まれていました。

とにかくお洒落で心くすぐられる映画


2人の距離感、表情、途中で出会う風変わりな詩人、占い師。

カフェで休憩しながらまた歩いて、そしてグラスとワインを盗んで芝生で飲み明かし、朝を迎えて…


もう2人のやることなすこと全てがロマンティックで、お洒落なんです。

私の好きなシーンのひとつに、レコード屋の場面があります。

レコードの試聴のために狭い部屋に入るのですが、その時のセリーヌとジェシーの交わらないけどお互いを意識した視線、触れ合いそうな距離、意識してないそぶりにドキドキさせられて…

このワンシーンで恋の予感を感じさせられます。

凄くお洒落。

黄昏時に観覧車に乗って、このロマンティックな雰囲気…分かるだろ?というジェシーの問いに、キスしたいの?といたずらな笑みで返すセリーヌ。

出会った時の感情や今のお互いの気持ちを直接ではなく、「友達への電話のフリ」で伝え合ったり。

2人のこの曖昧で絶妙な駆け引きがたまらず、作品にのめり込んでしまうんですよね。

素敵なお料理映画も気になるなら「食いしん坊さん集合 料理・お菓子がテーマの映画 オススメ2本」もぜひご覧ください。

そして切ない別れの時、その後2人は…

別れの時が必ず来ると分かっているし、理性ある大人なんだから、また絶対会おうだなんて約束しない。

そう自分自身に言い聞かせるように放ち、苦くて切ない表情のセリーヌ。

再会したいと願いながらも、彼女の言葉を受け入れるジェシー。

それでも、本当はお互いを求め合っていて、溢れる想いは止められず、結局半年後、同じ場所同じ時間での再会を約束します。

この後2人は果たして再会できたのかどうか…
気になるその後は、夢のような出来事から9年後を描いた「ビフォア・サンセット」で明らかになります。

公開時期もビフォア・サンライズから9年経っているのも、リアリティがありますね。

さらにそれから9年後「ビフォア・ミッドナイト」。

人生の酸いも甘いも経験し、現実を生きる2人の姿がここにあります。

とはいえ2作目以降を見る勇気がない私

個人的なビフォア・サンライズの印象が、夢と現実の狭間、だったんです。

美しい街並みの中でロマンティックな出会いをする傍ら、死を感じながら生きていたり、急に現実的な考えに至ったり…夢見がちかと思えば今に立ち戻る感覚でしょうか。

この絶妙なバランスが素敵で、崩れてしまわないか怖くて、まだ次回作を観れていません。

あの時あの人を選んでいたら。
途中下車していなかったら。
この人と出会っていなかったら。
もしこの時代に携帯電話が普及していたら。

色々考えてしまいますが、多分もうしばらく余韻に浸ったら観ると思います。

恋の始まりを思い出すような 美しくてほろ苦い作品、ぜひご覧になってみてください。

amazonでレンタルも出来ますし、UNEXTの無料トライアルでシリーズ一気見するのもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました